2009年 10月 04日
堕ちた偶像(続々)
f0198886_10184857.jpg

《マック》
高知市

日本での話。
もう十年以上前になるけれど、久しぶりに帰った東京で、ある日の午後、学生時代から僕の巣であった懐かしい新宿の雑踏を歩いていた。友人に電話をする約束があったので、ポケットから電子手帳を取り出してみると電池が切れかかっていて液晶の文字も読めなくなっている。どこかで電池を手に入れなければならない。ちょうど伊勢丹のそばにいたので僕はそのまま伊勢丹に入っていった。このデパートは昔と変わらず一歩ごとに人とぶつかりそうになるくらいに混んでいて、一瞬僕はここに来たことを後悔したがもう遅い。友人は僕の電話を待っているのである。どの階に行けばよいのか戸惑ったあと、とにかくすぐ上の時計・貴金属の売り場へ行ってみた。
制服姿の可愛い女の子が満面にこぼれるような笑みを浮かべて、深々と頭を下げ、丁寧に挨拶をしてくれた。(ローレックスを二,三個買いそうな客に見えたのかもしれない) 電池の事を聞いてみると、彼女は電子手帳を僕から受け取って裏蓋を開け、電池の種類を確認したあと、あいにくとその電池はX 階にある電子製品売り場にしか無いと言う。礼を言ってその場を離れかけた僕は内心 (やれやれ) と思っていた。うぞうむぞうの人を掻き分けてエレベーターまで辿り着き、順番を待ち、さらに階上まで人に揉まれて上がって行き、降りてから売り場を探してまたうろうろしなければならない。(やれやれ)である。その僕の気持ちを読んだように、
「お客様、その電池がX 階に揃えてあるかどうか問い合わせますので、少々お待ちいただけますか?」と店員の声が僕の背中を追って来た。振り返ると、彼女は電話で短く話をしたあと、
「はい、その電池は確かにございますが、よろしければ係りのものがこちらまでお届けしますので、そこに掛けてお待ちください」
一瞬、僕は自分の耳にしたその言葉が信じられず、次の瞬間、その天使のような彼女の細い身体を力いっぱい抱きしめて、そのおでこにキスをしたい衝動に駆られていた。

それに比べると・・・・
アメリカの商店は客が店員に懇願して物を売っていただく仕組みになっている。店員の数も少ないので客は辛抱強く自分の順番を待つことになるし、商品に関してあまり細かな質問は許されない。サービスの不手際などに不満を表現して、店員の機嫌を損ねるなどという事は絶対に避けるべきである。いっぽう客の方でもそういうシステムが一向に苦にならず、レジスターの前に列を作って代金を払わせて頂く順番をじっと待つ。そして自分の番になると、せっかく頂いたチャンスを逃すまいとばかりに店員と客のあいだに和気あいあいとした会話が始まる。商品の事から始まり話題は天候、家庭、政治、と発展してゆく。そのあいだその後ろには何人もの客が待っているのに。

ああ、アメリカ (ため息)


にほんブログ村 写真ブログへ

[PR]

by september30 | 2009-10-04 00:34 | 過ぎて行くこと


     堕ちた偶像(続) >>